「秋の夜長はチッチでどうぞ」2014年10月22日のイルチッチォーネ(イルチッチョーネ)のシェフブログ

秋の夜長はチッチでどうぞ

2014年10月22日

秋の夜長はチッチでどうぞ

秋の夜長はチッチでどうぞ

皆様、こんにちはー!

今日はあいにくの雨…すっかり肌寒くなって来ました。


気付いたらもう10月も終わりそう…早い!


今日はお魚のお料理を2つ。


名前は聞いたことある方も多いとは思いますが、食べるのは僕も初めてだった


シュモク鮫。


肉質は、鶏胸肉やさっぱりめのカジキマグロを思わせる淡白で繊細な感じ。

くせは無く、素直に美味しいなぁーと感じるお魚。


鮫特有のアンモニアの臭いは全く無く、無臭。

逆にもう少しあっても良いんじゃないの?!

って思う位です。


今回は旨味を補う為にコルトゥーラって言うイタリアの魚醤に漬け込んで表面をサッと焼き上げています。

要するに漬け、タタキみたいな感じ。

仕上がりはミカンを使って更に爽やかに!


もう一つは…熟成魚。

神経じめ 石垣鯛。

今回も素晴らしい!脂のノリがグッと上がって

石垣特有の磯の香りも炭焼きの香りと会い重なって…グングン食欲が出てきます。


捕食のタコを合わせて相性重視のお皿に。

香りに負けない鉄分の香りの冷製プッタネスカのソース。


個人的な見解ですが…

熟成魚のお皿には何処か

海の物ではない動物性の物を入れるとピタッとハマってくれる気がしてます。


今回は豚のコッパ。豚頭の煮凝りをサラダで一緒にお召し上がり頂いています。


力強いですが酸味や苦味をそっと付ける事で

逃げ道を作って 飽きずに最後までお楽しみ頂ける様に作ってます。


最近になり 鮫のお料理も熟成魚のお料理も少しづつですが 皆様に抵抗無く、逆にそれをめがけてお食事を楽しまれるお客様がたくさん見受けられます。


食わず嫌いは損します!

ぜひお試しを!


ネットでのご予約のお客様はこちら↓

http://www.opentable.jp/restaurant/profile/15773

チッチってどんなお店?↓

http://tabelog.com/tokyoA1303A130301/13052884/

お電話でのご予約、お問い合わせはこちら↓

03-5459-5288

イルチッチォーネ(イルチッチョーネ)ページトップへ